ヴァスティッチ、OOENインタビュー記事

イヴォ4ゴールのカプフェンベルク戦後、地元紙に載ったインタビュー記事です。
http://www.nachrichten.at/sport/402164
私の拙い訳の中でもイヴォの冗談から上機嫌振りが見て取れます。


ヴァスティッチ:“今は2位になることを望んでいるよ”
LINZ:彼の3人の子供たち、ララ、トニ、ティンはパパ、イヴィツァ・ヴァスティッチが雪のカプフェンベルク戦、LASK5:1勝利でプレーするさまを喜んだ。彼はOOENに雪合戦での4ゴールを語った。

OOEN:このような試合をこれまで経験したことあるの?
VASTIC:本当にビックリした試合だった。我々は悪条件のもと、ビハインドに陥っていたが確かにしかるべき幸運も持ち合わせていた。

OOEN:幸運、カプフェンベルクのGKがしくじったのも後押ししたってこと。
VASTIC:我々は友達と思っていた。しかし彼がそれほどまでフレンドリーだったとは予測していなかったよ。

OOEN:キーワードとして捉えると、あの距離で、あなたがフリーキックを決めたってこと。雪が降っている中でそこでいったいぜんたいゴールが分かるの?
VASTIC:GKよりも私のほうがたやすいことは確かだよ、それだからこそ、2本のFKが同じように決まった、彼はシュートが遅いと認識したのだろう。

OOEN:あなたのチームメートは終盤足がこれ以上感じないと訴えた。あなたも同じようだった?
VASTIC:私は足がこわばったときでも明らかに上手にシュートするだろう。ひょっとしたら私は毎試合前に冷湿布を足に貼っているからかもしれない。

OOEN:4:1の時点であなたは交代させられた。PKもまた蹴ったかもしれないのに、ユキッチが決め5:1としたが・・
VASTIC:チームの自信のためにはよりたくさんの選手が得点することはいいことだよ。それこそ我々は成功するために必要としている。

OOEN*秋シーズンなお2試合残っている。LASKにとってさらに出来ることは何?
VASTIC:我々は信じることを決して止めなかった。それは我々にとって今報われている。今のところいずれにせよAltachを追い抜き、2位に突き進みたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック