ガンバ大阪初優勝@オーストリア記事

ORF記事:
http://sport.orf.at/index.html?url=http%3A//sport.orf.at/ticker/201931.html%3Ftmp%3D11062
ガンバ大阪は土曜日1993年創立のJリーグで初優勝を確保した。
フリーデル・コンシリア監督の元クラブは最終節川崎フロンターレに4;2で勝った。都市のライバルチーム、セレッソ大阪はこの34節首位で乗り込んできたが、しかしFC東京に終了間際2;2の引き分けに持ち込まれ、最終的には5位でしかなかった。

このシーズンファイナルは大変ハラハラする、稀に見る窮屈な状態、最終順位の上位5チーム、この中にオーストリア代表FW,マリオ・ハース、シュトルム元監督イヴィツァ・オシムのJEFユナイテッド市原も4位であったが、勝ち点1差でしかなかった。

JEFユナイテッドは最終節、オシムの愛弟子イヴィツァ・ヴァスティッチのかつてのクラブであった名古屋グランパスエイトに2:1で勝利したが、勝ち点1、得失点10差でタイトルを逃した。ハースは89分に交代した。

*フリーデル(フリードリッヒ)コンシリアは1997年11月~1998年5月までガンバ監督。1948年生まれ、GKとしてインスブルック、アンデルヒト、オーストリア・ウィーンで活躍、オーストリア代表でも活躍していたそうだ。
知らなかったよ、結構オーストリアとJリーグと関係あるんだね。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック