OEFBカップ戦、LASK勝利、イヴォも1ゴール!

LASK公式: 14日に行われたOEFBカップ戦、LASKはユキッチ(28,64)、ヴァスティッチ(67)のゴールでUnion PERGに3:0の完勝、準々々決勝に駒を進めた。 グレゴリッシェ監督のチームはこれに関しては並みの仕事量で十分であって、重大な危険に晒されることは一度もなかった。 準々々決勝の抽選は10月22日に行われ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

屈辱グランパス、フロンターレ戦惨敗!

いくつかのグラ関連サイトでこのフロンターレ戦後、スタジアム観戦したひとは負け組、行かなかったひとは勝ち組というようなカキコミを目にした。これからすればわたしは負け組の最たる者だ。(自嘲) なにせ用事があったため後半から当日券を買って(半額じゃないよ)~珍しい客だったに相違ない~雨の中を観戦していたのだ。スタジアムに入ったのは後半開始…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

第15節シュヴァネンシュタット戦 試合レポート

LASK公式より http://www.lask.at/default.php?haupt=news&art=news/spiele/runde15 試合前情報: 二クラス・ホーエネダーは中盤に投入、ルッケンドルファーはスタメン、1週間のうちに契約されたAdu Tutuは今日のところまだリストには入っていない。 試合レ…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

シュヴァネンシュタット×LASK イヴォのハットトリックで1:3勝利!

3ゴールでイヴォ・ヴァスティッチはシュヴァネンシュタットでチームをダービー勝利に導く。 LASKは90分間にわたって優勢だった。開始わずか1分で失点したが、LASKはうろたえなかった。イヴィツァ・ヴァスティッチはハットトリックで2部リーグの得点トップ(9得点)となり、再びLASKにとっていかに彼がwertvoll*であるかを示した。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日LASK, シュヴァネンシュタットとダービー

WM予選のために2週間休みだったリーグ戦は今夜再開、OOEダービーです。 LASK公式より 2005,7,29をちょっと振り返ってみよう、LASKはホームで0:0に終わった。あれから2ヶ月以上すぎ、両チームとも大きく変わった。LASK,最近では強力にプレーしているキャプテン イヴィツァ・ヴァスティッチによって駆り立てられているが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーストリア×北アイルランド 2:0 勝利!

WM予選最終戦となった北アイルランド戦はホームハッペルシュタディオンで12日20:15から行われました。 アウフハウザーの2発(44分、92分)で勝利、グループ3位を確保しました。(2位までに入らなきゃ意味ないのよねえ~泣) とっても荒っぽい試合だったようで、75分にポガテツとジョンソンにレッドカードが出ています。 オースト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーストリア、イングランドに 0:1 惜敗!

オーストリアは前試合アゼルバイジャン戦で完全にWM2006ドイツ大会への夢がなくなってしまった。その後クランクルは監督を解任され、後任に確実視されていたラピッド監督ヒッケルスベルガーに断られ、ヘルツォークをチームマネージャーに、他2人と急造監督陣で残り2試合を戦うこと(?こなすこと)となった。 そのうえイヴィツァ・ヴァスティッチも召…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

クロアチア、ワールドカップ3大会連続出場決める

クロアチアはスウェーデンに1:0で勝利、 数分後チェコがオランダに敗れたことが判明、クロアチアは最低でも2位の成績上位2カ国に与えられる出場権を獲得した。 ザグレブ マキシミールスタディアムで20:15(日本時間午前3時15分)より行われた クロアチア×スウェーデンの試合、 クロアチアは前試合マルタにまさかの引き分け、楽観…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

第14節 LASK、Gratkornの1:0辛勝

ホーム4勝目で(3分け)でLASKは首位と勝ち点7差となった。順位隣のGratkornに対して妥当な成果を挙げた。この勝利はあるじイヴィツァ・ヴァスティッチのおかげであり、彼はGK Weberを上手く交わし、センタリング、交代で入ったRuckendorferはこれをヘッドで難なく決めた。Gratkornは良いところなく連敗、4敗目。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

イヴォ・ヴァスティッチは今日になってようやく祝う

地元紙OOE nachrichten.atに誕生日の翌日9月30日掲載されたものです。 LANZ発:イヴィツァ・ヴァスティッチは昨日36歳の誕生日を迎えた。このLASKキャプテンは今日ようやく誕生日を祝うだろう。彼の希望は何?Gratkorn戦の勝利、代表チームへの召集。 OOEN:今日はあなたにとって特別な日ですね。誕生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

*祝*FC岐阜 東海社会人1部昇格!

FC岐阜のマネージャーさんのところへ行ってきたら本当に嬉しいニュースが・・・・!!!! 口論義の奇跡 http://adios-amigos.cocolog-nifty.com/fcgifu/ 豊田自動織機戦に7-0で勝利!1部昇格を果たした! 前節コニカミノルタと引き分け、昇格の条件は厳しいものになっていた。 その条件と…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

VASTIC:今日までLASKのためにプレーすることを後悔したことはないよ

Sport1記事:かなり怪しい訳です(苦笑) http://www.sport1.at/coremedia/generator/id=3146010.html ウィーン:イヴィツァ ヴァスティッチは36歳の誕生日を祝う。 クロアチア出身のオーストリア人はシュトルム グラーツの表看板として長年プレーしたのち、日本に移籍、わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第13節 惜敗! Altach-LASKは2:1 

LASK公式:拙訳 グレゴリッシェ監督はKonrad、Mehler、Zaglnair、Rothbauer(すべてケガ)Klein(出場停止)抜きで何とかやり繰りしなければならない。 一方Altachは元LASK選手Muhrを欠く。FW Mattleはベンチ、替わりにAtavがスタメン。 ほぼ満員のSchnabelholz、5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第12節 LASK-ルステナウ戦はスコアレスドロー

前節大活躍のKonradはじん帯損傷により欠場。Ruckendorferがスタメン、JukicとFWと組む。 はじめは激しい闘いになりそうだった。両チームとも快活に前方に出て行った。 ルステナウは球際は確実で(訳?)LASKは前節の勝利で自信をもっていた。 出場停止明けのRuckendorferは6分シュートを放つ。 ルス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第11節 アウェー カプフェンブルグ戦は3:2勝利!

ヴァスティッチはPKによる2得点でLASKを3:2の勝利に導き、 “der Mann des Tag" はじめはカプフェンブルクのSencarがCKからのボールをヘッドで決め先制(11) しかしレフリーKlementがSalerとKonradとの競り合いでPKを取り、この得点のチャンスをヴァスティッチは譲らず確実に決め前半に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

磁気治療器は手放せませんと言ったかどうか・・・

トップアスリートはMAG磁気治療器を無条件に信頼する。LASK,オーストリア代表イヴィツァ ヴァスティッチならびに監督グレゴリッシェ “磁気治療器をLASKに提供” すでに数年前か磁気治療器の身体への効果は知られている。特にトップアスリートは著しく進歩した最新技術を利用している。 この磁気治療器はLASKに進出を果たした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

強いヴィオラ、雄牛を飼い慣らす

FAK公式: 第9節レッドブル ザルツブルクに2:0勝利! FAKはこれによって再び順位表首位に立ち、追跡者FC スーパーフントと勝ち点3差。 この試合はヴィオラにとってショックを伴って始まった。キーゼネブナーが17分頭部内出血の損傷、木曜日のUEFA-CUP戦は問題ないという話だ。 彼に代わってトロヤンスキーが入った。F…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アゼルバイジャン戦引き分け オーストリアWMの夢完全になくなる

uefa.com: 拙訳 オーストリア代表チームは9月7日に行われたアゼルバイジャン戦0:0の結果、WM予選から完全に敗退した。 ポーランド、アゼルバイジャンに対して2つの勝ちを計算していたが、代わりに得たのは貧弱な勝ち点でしかなかった。 自国開催のEM2008までオーストリアは険しい新たな道が待ち構えている。 暗澹たる出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名古屋×柏 4:0 完勝!

前節はグランパスはマリノスに最後の最後に審判の?な判定で2:2の引き分け、柏は4得点挙げて上り調子。 前節ルイゾンの待望の来日初ゴールと2点目を挙げ、いよいよ元セレソンの本領発揮か?と思われるが、このところのルイゾン移籍か?の話があちこちで報道され、どうも落ち着かない。 本人はもとよりチームメートやファンにとっても・・・ 藤田は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more