テーマ:サッカー

第27節 Leoben戦 1:1引き分け

LASKは前節3度目となる首位を獲得したが、僅か一試合でみたび明け渡した。 LASKはクフシュタインでの成功で改善されたように見えた。多くの局面で出来はよかった。 イヴィツァ・ヴァスティッチのシーズン18点目となるFKによる同点弾(LeobenのGKにも助けられたが)に喜んだ。しかしFWがシュートを決められない、FWのゴールなく…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

第26節クフシュタイン戦1:0勝利!LASK再び首位に返り咲き

3月31日、LASKはFCクフシュタインとのアウェーゲームに1:0で勝利、オーストリア・アマチュアとSCR  Altachがつまずいたため、再び首位となった。この日の得点はヴァスティッチの代役、Volkan Kahramanで78分にRuckendorferのアシストから決めた。LASKは昇格争いの中アウェーで貴重な勝ち点3を得た。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第22節 Gratkorn戦 1:1 貴重な勝ち点1 

Gratkornが優勢だったが前半LASKには2回のチャンスがあった。 まずヴァスティッチがヘッドで近距離から狙ったが、ゴール上にはずれ、数分後RuckendorferとOstercは噛み合わなかった。 不愉快なことにレフリーが前半終了間際ハンドによるPKをLASKに与えなかった。 後半ヴァスティッチの完璧なFKで1:0(50)と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第25節オーストリア・アマチュア戦、LASK,詰め掛けた観客の前で1:2敗戦!

LASKは昇格争いから後退、7800名に観客の前、ホームゲームで1:2で敗れた。Ruckendorferが開始わずか2分先制をもたらし、ムードは高まった。しかしオーストリア・アマチュアはSaurer(14)、Auerのオウンゴール(23)で逆点。 後半選手たちは勇気と情熱を見せたが、同点にすることさえも出来なかった。 すでに火曜日、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第24節 1:2 ケルンテン戦勝利!イヴォ今季16点目!

試合前ニュース: グレゴリッシェ監督は長期離脱者が戻ってきて全選手使える状態になった。シャヴァネンシュタット戦3:0の後、FCケルンテンは“昇格作戦”の指標としてふさわしい。 試合レポート: LASKは抜け目のない成果を見せた。すでに5分Ruckendorferは最初のチャンスを得たが、逃してしまった。優勢の結果としてLASK…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春シーズン、夢のスタート LASK×シュヴァネンシュタット 3:0勝利!イヴォ2得点

LASKは火曜日春シーズンの緒戦を上手くやってのけ、シュヴァネンシュタットに圧勝! この勝利には多くの庇護者があった。 まずはスタジアム管理者、素晴らしい仕事で大量の雪に覆われていた芝を試合の出来得る状態にした。 選手たち、カップ戦敗退後、気持ちを切り替えた。 もちろん、なんと言っても、イヴィツァ・ヴァスティッチ。2得点で貢献し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LASK OFB-CUP 敗退

LASK公式より 7日夜行われたOFB-CUP、準々々決勝でLASKはカプフェンベルクに2:0で敗れた。 この夜の男はRade Djokicで2得点、開始6分で先制された。前半終了前MuehlbauerとKlapfはチャンスを生かすことが出来なかった。後半もHohenderの惜しいチャンスもあった。LASKの70人のファンは換わる換…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

LASK始動

ご挨拶遅くなりましたが、 あけましておめでとうございます。 今年もほそぼそとイヴォ・ヴァスティッチ、オーストリアリーグ、名古屋グランパス、FC岐阜、サッカーetc.ネタを取り上げて行くつもりですのでよろしくお願いします。 さてLASK公式によると 月曜日(9日)午後LASKは春シーズンの準備のためのトレーニングが開始、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シュタディオン アーノルド・シュワルツネッガーの看板取り外し

シュワルツネッガーカルフォルニア州知事が死刑執行をしたことにグラーツ市民は抗議。一方シュワは先手を打つ形で名称を使わないようにとの書簡を送り、名誉市民の指輪を返してきた。26日スタジアムから名前取り外され1997年に戻ってグラーツ・リーベナウとなりました。 http://www.asahi.com/international/upda…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イヴィツァ・ヴァスティッチ インタビュー記事 王は歩兵隊に輝きを授ける

KURIER記事: http://kurier.at/sport/1197761.php 少し時間が経ってしまいましたが、 相変わらず醜い訳ですが・・・ イヴィツァ・ヴァスティッチは夏にLASKに来た。すでに36歳、3年契約。下のクラスでサッカーキャリアの終わりまで退職に向けて気楽にブラブラ過ごすのか? いや、違う。ヴァス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2005シーズン最終戦 千葉―名古屋2-1 @フクダ電子アリーナ(フクアリ)

グランパスは鴨川のゴール(81)で先制するも、後半ロスタイム、ペナルティエリア、ボールのないところでファールをとられ(?な判定)~~~PK,これを阿部に決められ、その直後、坂本のゴールで勝ち越された。 ほんの少しのあいだ、今シーズンの大物食いっぷりを観させてもらいました(苦笑) しかし、流れは完全にJEFにあって、シュートの精度が悪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

完勝!LASK-Altach 3:0

LASK公式: ウィンターブレイク前のLASKにとって大事な試合、Altach戦に3:0と勝利、これによってLASKはルステナウに勝ち点1差まで近づいた。 前半はほぼ互角の戦いで、観客はゴールシーンをかろうじて見られたが、後半LASKは奮起した。 Pistrol(42)Klapf(67)Buskiewicz(88)により、勝者とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第20節 LASK Laendleで再び敗北!

LASK公式: ルステナウーLASK2:0 LASKはVorarlbergに勝ち点を置いてくるために行った。 出来る限り収支決算をする(差を詰めるための)試合において、ルステナウは大事な一瞬に素早く反応し、最終的に勝利したのは不当なことではない。 ひとりのリンツの選手、敗北を引き起こさせたのだが、Hohendorferは相手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヴァスティッチ、OOENインタビュー記事

イヴォ4ゴールのカプフェンベルク戦後、地元紙に載ったインタビュー記事です。 http://www.nachrichten.at/sport/402164 私の拙い訳の中でもイヴォの冗談から上機嫌振りが見て取れます。 ヴァスティッチ:“今は2位になることを望んでいるよ” LINZ:彼の3人の子供たち、ララ、トニ、ティンはパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガンバ大阪戦  名古屋グランパス、大金星(by朝日)だそうですよ(トホホ)、でも勝ったことが大事!

11月20日、グランパスにとっては負けれは降格もありうる・・・ガンバにとっては優勝に向けて絶対負けられない一戦、 今日はNHKで全国放送だ、無様な姿をさらけ出すわけにはいかない! 4連敗中で選手たちに、監督に、上田TDに、フロントに批判が集中するなか、 いっそJ2に落ちて大事なことは何か?を考えるにいい機会になるんじゃないの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第19節 LASK-カプフェンベルク5:1 イヴォ・ヴァスティッチ、LASKの王

LASK公式 圧倒的な大差でカプフェンベルクを下す。 イヴィツァ・ヴァスティッチは4ゴールの独壇場。 冬真っ只中の気候条件のもとでこの試合は後半から中断も考慮された。 まずカプフェンベルクは先制したが(26)、ヴァスティッチはハーフタイム前素晴らしいシュートで同点にした(35)。 後半、惨憺たる条件ではあったがLASKは抜群…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

練習試合は圧勝7:0&最新LASKマガジン

水曜日から金曜日までウインターブレイク前残り3試合の調整のためのミニキャンプがWindischgarstenで行われた。 この準備の枠内でLASKは練習試合でSV Windischgarstenに7:0(1:0)で勝利。 得点はVastic(2)、Imamovic、Klapf、Hoheneder、Muehlbauer、Rucken…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第18節LASK クフシュタイン戦は2:0 完勝!

試合前のニュース: 長期間負傷しているMehlem と Konrad に加えてAkif Imamovicも離脱、しかし彼は練習をはじめている。LASKのゴールはNAGELが守る。 試合レポート: LASKは真新しいユニフォームをまとい開始から支配権を握る。 2つの小さなチャンスに続いてヴァスティッチによるビッグチャンスが、R…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オシム ハース 日本のカップ優勝者

日曜日配達された中日、朝日だけでは物足りず、スポーツ紙求めてキヨスクへ・・・ 日刊スポーツ、スポニチ、報知・・・お姉さん計算できず、電卓を取り出し、袋に入れましょうかといってくれた。スポーツ紙買うなんて、イヴォの離日以来だ(苦笑) で昨夜、渾身(?)の文章書いたのにどういうわけか消えてしまい大ショック!!! その時点ではオー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名古屋 来季監督にフェルホーセン?

このところ名古屋グランパス来季監督にフェルホーセンの名前が挙がってきている。中日新聞11月1日付けにも・・ 今季12位と低迷、観客数も減少、元名古屋のスター選手、ストイコビッチの起用を望む声も営業サイドではあったそうだが、「チームを戦術的に基礎から構築できる監督」(上田TD)という基準に沿って複数の候補と交渉を進めているらしい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スキャンダラスな裁定、オーストリア・ウィーンに3万ユーロの罰金

FAK公式: http://www.fk-austria.at/tbl.action?story=9704&dir=9 ブンデスリーガの懲罰評議会(?)は今晩まったく言語道断な裁定を下した。それによるとFKオーストリアはウィーンダービーの際の異常な出来事に3万ユーロ払わなければならない、ラピッドは1万ユーロ。 FKオーストリアは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“監督オウンゴール“とは

10月29日に行われた第17節、Wackerチロル戦でオーストリア・ウィーンはまたしてもスコアレスドロー、402分ゴールがないそうだ。UEFA-CUPにおいてもノルウェーの中程度のチームに敗れ早々の敗退、ファンもストレスを溜め込んで来て、恒例の監督交代の要求の声がますます高まっているようだ。 チロル戦では“HORRダービーでの負けは許…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジェフ勝利記事@オーストリア

http://www.sport1.at/coremedia/generator/id=3179688.html 大分戦のジェフ勝利記事がsport1にありました。従って順位は暫定的。 ヒデや俊輔など日本人選手の活躍を追うのと同じようなことなのでしょうね。 オーストリアではJEF-Unitedが一番知られているJリーグのチーム名か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第17節 オーストリア・アマチュア×LASK 0:0 1000%のチャンス逃せば引き分けは妥当と。

LASK公式試合レポート: ヴェルナー・グレゴリッシェ監督は再び出場停止だったRothbauer, Klapf, Fellner 、 Ruckendorfer を再び起用することができる。新しく獲得したTutuは初めてメンバー入り、ベンチに入った。LASKのゴールは再びNagelが守る。 オーストリア・アマチュアは前節負傷したPo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーストリア監督回転木馬

http://www.sport1.at/coremedia/generator/id=3013406.html オーストリア・ウィーンでは監督回転木馬が回転し始めた。ヴィオラの監督ディオ シュテガーとシンケルスは支払わされたが、打ち負かされてはいない(最初から変な訳・苦笑)マネージャーMarkus Kraetschmerはその状況を…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

父親と同じように・・・マルディーニ息子、ACミランと契約 (オーストリア発)

der Standardで記事見つけたのですが、 http://derstandard.at/?url=/?id=2213707 日刊スポーツでもすでに取り上げられていました、10月18日でちょっと話題古くなったしまいましたね(苦笑) http://www.nikkansports.com/ns/soccer/f-sc-tp0-…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

第16節シュトルム・グラーツ戦はスコアレスドロー  &ヤノチコ復帰しました♪

FAK公式: グラーツのアーノルド・シュワルツネッガー・シュタディオンの8500名の観客は、双方のチームとも何も獲得はしなかったが、人を納得させる得点チャンスが作り出された優劣着けがたい一戦を観た。一番良かったヴィオラのチャンスはルシュフェルトの後半開始早々のチャンスだった。(49) 試合の終盤、FAKのMFウラジミール・ヤノチコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿スタ初観戦 しかし何も起こらなかった、アウェー戦0勝17敗!

はじめて行った鹿島スタジアム、東京駅から高速バス2時間で鹿島神宮へ、そこからシャトルバスが出ている。・・・遠い! ひょっとしたら連敗が途切れる歴史的な瞬間に立ち会えるかと・・・大袈裟?でもそんな思いで観戦しているファンって多いと思う・・・しかし結果1:0でまたしても負け! 前半は様子見というか、鹿島が決定的なチャンスを外してく…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大荒れウィーンダービー、FAK0:2で負け!

FAK公式: 275回ウィーンダービーは0:2、FAK×ラピッド戦はLawaree(29)Kincl(69)の得点で敗れた。 開始前すでにラピッドファンの“暴力沙汰”ははっきり示されていた。FAK GKディデゥリツァに対して発炎筒が投げ込まれたことで試合開始が約30分遅らされた。多数の警察隊を配備したが“暴力沙汰”を防ぐことが…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

LASKリベンジならず、ケルンテン戦、1:2惜敗!

LASK公式: 2004年11月12日以来のホーム負け試合、LASKはケルンテン1:2. 前半LASKは常にミドルシュートを試み、一番惜しいチャンスはユキッチがシュートはクロスバー内側に当たったがフィールドに跳ね返った。 まず先に、すでに3分LASKにとってはPKと思われる場面があったが、レフリーは認めなかった。 後半ケルン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more